2006年01月27日

人生を三度生きた女 アルバータ・ハンター

HPstock 001.jpg

私のお店【Cafe Alberta】は大・大・大尊敬するアルバータ・ハンターの名前から付けました。

彼女が生まれたのは1800年代の後半の1895年。

若くして今で言うS.S.W(シンガーソングライター)の走りでもありジャズ&ブルースシンガーとして活躍。

ベッシー・スミスが歌ってヒットした『Down-Hearted Blues』は彼女の作品。

『Sweet Georgia Brown』を一番最初に歌ったのも彼女だと言われています。

『セントルイス・ブルース』を作ったW.C.ハンディはいの一番に彼女に歌って欲しいと懇願したそう。

かなりの売れっ子だったんですね。

しかし1950年代になると「君のスタイルはもう古い」と言われ仕事が激変しちゃいました。

そこからが彼女の凄いところなんですが勉強して看護士に転身しちゃいます。

20年以上勤めあげて70歳の時に定年を言い渡されたら病院に食って掛かったそうです。

でも彼女は年齢を偽ってたので本当は当時82歳だったのです。

82歳でバリバリ働くなんて素晴らしいでしょ!

その後がまたまた凄い。

何十年も経ってからやっと彼女の偉大さに気付いたアメリカの人々は彼女のカムバックを願いアルバータはステージに戻ったのです。

小さな体全身でリズムを取りパワフルな歌い方でした。どちらかというとお茶目系ね。

歌だけを聴いて楽しむんじゃなくて「歌を楽しんで歌っている彼女」をみんなが観たくなる人。
私の理想だ〜。上手いだけの人なんてミリオンといるもん。

1984年、89歳で亡くなるまで歌い続けた女性です。

憧れるジャズシンガーやブルースシンガーは数あれど、本当に尊敬、リスペクトするのは彼女だけです。

最近ブログのBBSにアルバータ・ハンターを辿ってきた方がいらっしゃってコメント頂いたんですね。
実は私もしばらくアルバータを放っておいたような気がして彼女の本を再読しました。

hunter1.jpg

単純な性格が功を奏して、いろいろ迷ってた事とか気にしてた事もすっかりどこかへ行ってしまった。

私には歌の師匠はいませんがアルバータを心の師匠と思い続けますよ〜。

パンチがあるって褒め言葉だよね。そう思うことにするわ。

私も歌を聴いてくれた人に元気を分けれる歌い手になりたいですね。

自分でもそういうタイプだと思うしね。

hunter3.jpg

これはお店を開店したときにギターのケンちゃんがプレゼントしてくれたアルバータのライブビデオ。
動いているアルバータは貴重でしょうね。

お宝ですが私が死んだ時は一緒にお墓に入れてもらう予定です。

人生は長い。そして山あり谷あり。いい時ばかりだといいけどそんなはずはない。

でも私は頑張って歩いていくよ・・1歩1歩ね。
posted by madam reiko at 22:16| 青森 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。