2007年02月24日

ドリームガールズ

main2.jpg

今週びっちり仕事を頑張ったご褒美に映画「ドリームガールズ」を観てきました。
ダイアナ・ロスで有名なシュープリームスを中心にモータウンレーベルを作り上げたベリー・ゴーディー関連のフィクション?ノンフィクションなお話です。
26日はアカデミー賞発表日。
「永遠のモータウン」「Ray」同様どうしてもこっち系は外せない私。
なぜなら18歳の高校3年生の時に地元のお兄ちゃま達に「歌え!」と薦められたのがシュープリームスだったのです。
それまでモータウンには全く興味がなかった。
特にダイアナ・ロスの歌はその頃の自分の嗜好とは真逆で「何でこんなの歌わなきゃいけないの!!」と思ってた。
と、なんだかんだ言いながらも結局歌ってました。
でも歌ってみたら目から鱗!!
モータウンサウンドにやられちゃいましたね〜。
アメリカンエンターテイメント!の世界は奥深い。 踊って歌えるのは当たり前!
エディ・マーフィーも大昔は「サタデーナイト・ライブ」でJBのマネをしてたっけ。

この映画で助演男優ノミネートされたけど今のエディが演じた事で説得力ありありで納得です。取って欲しいなぁ〜。

3260321view011.jpg
この映画一応フィクションなのでこの場面はマービン・ゲイなの?ジェームズ・ブラウン?あなたはメアリー・ウィルソン?ってな具合で色んなモデルが浮かんできて頭がごちゃごちゃになります。
だから作品賞は無理かもね。
助演女優賞にノミネートされたジェニファー・ハドソンは凄かった。上手い!!
やっぱり彼女が主役です。映画「レイ」のジェイミー・フォックスもビヨンセもエディー・マーフィーもかすんでしまう。 元々オイシイ役どころですが、見事でしたね。

彼女は取れるでしょう!!菊池凛子ちゃんにも取って欲しいけど・・・。
img3_1171349007.jpg
ただ・・・私個人としては・・・やっぱりビヨンセのプロ意識に鳥肌でした。

10キロ痩せておそろしく綺麗だったのもある。
ナイスバディにあの顔、あの声、鍛えられたダンスとやっぱり他の人より抜きん出てる。
それに彼女自身がガールグループ出身で若い頃からショービズ界で育ってる。

現代の最高のディーバが新人に花を持たせるなんて普通は出来ません。
きっとそれまでの地道な努力と彼女自身が持ってるカリスマと実績が自信を与えてるから余裕があるんでしょう。
映画の後半の本当の自分の気持ちを歌ってるシーンは号泣でしたよ〜。

役どころでずっとダイアナ風に歌ってたけどこの場面の歌いっぷりは惚れ惚れするほどカッコよかった。


公式サイト
http://www.dreamgirls-movie.jp/top.html

posted by madam reiko at 03:24| 青森 ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。