2009年01月19日

いなかスイッチ

inakaswitch.jpg

知人が発行や編集に携わってるという素敵な書籍を送ってくれました。
1月17日発売したてのホヤホヤ「いなかスイッチ」「WILDER」です。
ワタクシが以前、読売新聞県内版でほぼ月1でコラムを担当していた時にネタに詰まったり、何を書いたらいいのか?とか悩んでいる時沢山アドバイスも頂いた本物の編集者さん。
もちろん彼のお仕事内容とかは知っていたけど実際に実物を手にとって感じたズッシリとした重みと立派な装丁にちょっと緊張・・・でした。
さすがだわ〜、本物だよ。(何が?)
今の時代は都会志向よりは田舎回帰のUターン型やIターン型が増えてるそうです。
あくせく働くことに疲れ果て、お金じゃないのよ、のんびり自然で暮らしたい!そんな都会人は絶対少なくないでしょう。
私が住んでるとこは「青森県」ですが、歩いて50M先にはコンビニもあるし新幹線だって止まるから本当の「田舎」ではないのでしょうか。
車で20〜30分走ると自然は沢山あるし住みやすいと思います、寒いけど。
面白いのは全国田舎物件情報が載ってること。ここから近いとこじゃ宮城県あたりに土地・建物付き398万円っていう物件がありました。
田舎の古民家で暮らしている若者や家族の話を読んでると田舎=セカンドライフという考えはもう古いのかもね。
この雑誌、現在は年4回の季刊誌ですがゆくゆくは隔月刊にしたいとの事です。
クウネルが好きな方やアウトドア派の方はこの本も好きだと思います。
是非、手にとって読んでほしい〜。




posted by madam reiko at 18:07| 青森 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。