2006年01月20日

合掌!ウィルソン・ピケット

pickett.jpg

60年代の偉大なるソウルシンガー、ウィルソン・ピケットが、自宅近くのヴァージニア州の病院にて1月19日に死去。
享年64歳。死因は心臓発作とみられています。


ウィルソン・ピケットはかれこれ20年ちょっと前に八戸でコンサートした事がありました。

今私が担当しているラジオ番組「Salt StreetのSalt Night」のボスであり東北屈指のソウルバー「Salt Street」のマスターさとし氏が若かりし頃招致したんです。

あの大御所ソウルシンガーが八戸に来て歌うなんてその当時は考えられなかったものです。

さとし氏の気苦労は相当なものだったでしょうが結果は大・大・成功でその後の八戸の音楽シーンに多大なる貢献を果たしました。

そのウィルソン・ピケットが亡くなったと知って非常に残念です。

wilson pickett.jpg

日本ではそんなにメジャーではなかったようですが(八戸では有名)ビッグヒットも沢山ありました。

「I'M IN LOVE」「In the midnight hour」「ダンス天国」「ファンキー・ブロードウェイ」

本当に偉大なるそして激しい性格を持ったOne and onlyなシャウターでした。

ご冥福をお祈りします・・・。

posted by madam reiko at 23:46| 青森 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいらも一言、

ありがとう。そして、永遠に。

二言か。
Posted by shu at 2006年01月21日 12:27
またまたここで、偉大な方の死を知りました。
年末、「ダンス天国」を歌ったとこでした。
八戸でコンサートをしたんですね、凄い。
彼の歌もまた、永遠に聴き続けられることでしょう。
私も、ご冥福をお祈りします。
Posted by Rosebud RIE at 2006年01月21日 16:24
shu>
素敵な言葉ありがとう。

Rosebud RIE>
ダンス天国ってイントロだけでわくわくする名曲だよね〜、私も昔歌ったよ〜。
本当に残念です・・・。
久々に歌いたくなってきたぞ〜。
Posted by reiko at 2006年01月22日 02:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。