2009年07月29日

帰ってきたよ

昨日東京から帰って来ましたぁ。
帰ってくるなりお店に直行→買出し→フツーに夜の仕込み→夜はセッションデー開催。
今朝もフツーに仕事をこなしこれから夜の営業が始まります。
明日の夜はゲストライブ「Bitter-Half」のライブがありま〜す。
ノージャンルというか自分達の琴線に触れた曲をやっちゃいます!みたいな年齢ジャンル問わず幅広い方に楽しんで頂けるTb(トロンボーン)とP、VoのDUO。
是非是非御越しくださいね〜。

というわけで東京の思い出に耽る時間も無いまま時間が過ぎていきます。
本当に行ってきたのか?と疑われないよーにサラッとでもUPしとこう(笑)。

東京駅に着くなり只ならぬ暑さには気付いておりましたが、この日めちゃくちゃ猛暑。
いきなり滝のように汗が噴出。北国育ちのため体温調節のスイッチがおかしくなったようです。
今回は肩に負担が掛からないよう荷物を減らしたはずなのに既にバッグが重い。
やっとこさ有楽町にたどり着き盛岡のドラマー氏の日記でチェックしておいた「イトシア」にて
旅先で恒例のとりあえずのビールとカレー。

IMG_1589.jpg

ものすごい汗を掻いたのでビールもスッスと入って行き、やっと体温調節が通常に戻った感じ。
その後ミュージカル仕立てのお芝居鑑賞。この日の新橋演舞場は女の世界でした。
オバサマ度も高かった。「真央ちゃん、今日は調子が良いわね」なんて横で話してて、まるで宝塚。
そう、宝塚みたいでしたぁ。うん?宝塚、あれはミュージカルなのか?
ミュージカル仕立ての映画は好きなんですが、それとこれは別物です。
う〜ん、トピックスとしたらジャニーズの今井翼くんが良かったことか(笑)。
声もいいし歌も上手い。多分彼は舞台向き!大人になるにつれいい味出るんじゃないでしょうか。
大地真央さんもゴージャスでした。娘役から老女まで声色変えて、さすが女優。

その後「SOMETIME」へ直行。この夜は「寺下誠クインテット」。

IMG_1590.jpg

フラッシュ使えないので画面が真っ暗。メンバーの楽屋席にお邪魔して御挨拶させて頂きました。リーダーでピアニストの寺下さんは来週うちのお店でライブ予定の清水くるみさんの早稲田の先輩でした。Tpの高瀬さんと話をしたらうちのお店に来店したことがあるお客様がジャズ研の先輩だったりで意外と狭い世界というか皆様顔が広いというか必ず知り合いにぶつかります。
テナーのレイモンド・マクモーリン君は来日5年目で日本語ペラペラ。いい音出してたなぁ。
まだ東京初日なため元気がある私、この後もまだまだ飲みました。
ライブ後なのにジェントルな香川さんは遅くまで付き合ってくれたわん、感謝。
あなたには「本当にいい人で賞」あげたい。

そして翌日私を待っていたのは二日酔い・・・。
東京に来てまで何やってんの!私の馬鹿馬鹿ばか〜っって事でアルコール排出のため猛暑の都内を歩き回りどうにか夕方には復活。
渋谷のモヤイ像で待ち合わせ、向かったのはロバータ・フラック@「ブルーノート」。

1238321978_201.jpg1238321978_196.jpg

SOLD OUT寸前のチケットを入手してくれたそうで感謝!マジ超満員。
お客さんの年齢層も高めでお金持ち風多くない?なんて話ながらお酒を飲み気分も解けた頃、時間通りに登場しました。
とってもお高そうなシルバーのキラキラジャケットに真っ白なロングドレスに金髪ヘアーでとってもゴージャス。ただかなり太ったためピッチピチのパンパンではちきれんばかりでした。
かなり前TVで見た時は声の調子が悪そうだったけど、この日は絶好調。
この夜はやっぱり「やさしく歌って」がベストだったと思う。
この曲、名曲過ぎる事とあまりにシンプルな構成なため、フツーの人が歌うとかなりの確立で
色々やりたくなるらしく歌いすぎちゃってクサくなるパターンが多い。
しかしご本家、クールに歌ってるのに温かく、ちょっとだけフェイクするとこが絶妙、さすがでした。
この曲聴けただけでかな〜り満足。
ステージ中はほとんどピアノ弾きっぱなしで歌い女王の貫禄たっぷりでしたよ。
びっくりしたのはコーラス兼相手役の男性ボーカリストがダニー・ハザウェイくりそつだった事。歌も超上手い。ソロで歌った「For all we know」鳥肌モンでした。
入れ替え制のファーストセットだったのでアンコールなしが残念だったけど、
な〜〜んとロバータとハグして握手してもらったわん。
超ラッキー。ブルーノート運がいいと言うかラッキープレイスに間違いない。
次回来る時は誰のライブになるのでしょうか?

公演終了後、南青山から横浜まで一気に足を伸ばした。フットワーク軽いっしょ。

IMG_1597.jpg

天野昇子+山本剛トリオ@Bar Bar Bar
初めて行ったけど異国の港町を思わせるような舶来風の素敵なお店でした。
春にうちのお店でライブして頂いた時以来の再会。その時聴いた昇子さんの歌がとっても良かったんですが、今回聴いて再確信しました。
本当に大好きなタイプ。キュートなルックスと洗練されたMCと歌ってる時の全身から漲るパワーに引き込まれてしまいます。昇子さんから放たれる陽気なイメージは私の大好きなアルバータ・ハンターに似たものを感じます。ユリの花というブラジルの曲がとっても良かった。今度探してみよう。

二日間色々なものを観て聴いてきました。そうだ!私は「お勉強」に行ってきたんだっけ。
人のライブはいい刺激になるし自分もテンションあがります。次回はいつになるのか?
とりあえず明日から始まる1ヶ月間のハードスケジュールに備えます、はい。

posted by madam reiko at 20:37| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。