2009年10月26日

濃厚な人たち

chicago 001.jpg


特濃な夜でした。プレイヤーもオーディエンスも特濃でした。
この日は、本当にブルース好きな連中が見事に集まったっす。
ライブ開始直後は初めての場所での緊張感もあったようですが
終わってみれば熱気溢れる素晴らしいライブとなりました。
若造にはまだこの味を出すのは無理だろうなぁ〜。
スリル・イズ・ゴーンのアレンジは面白かったなぁ。
熊谷さんの歌力はもの凄い!なんの力みもなくハイトーン一発かまされただけでノックアウトです。
マジック・サムやジェームス・コットンのブルースナンバーは勿論、いわゆるスタンダードと言われるナンバーも彼の声に掛かるとブルースになってしまうのです。
飄々とした、それでいてほんの少し恥ずかしそうなMCがまた温かい雰囲気を醸し出す。
弱い犬ほどよく吠えると言うけれど大人の男は決して多くを語らないのでした。
本当に素敵だった!こういうライブを女性に見て欲しいわん。
chicago 005.jpgchicago 009.jpgchicago 012.jpg
chicago 016.jpgchicago 022.jpgchicago 027.jpg

3セット目は地元のブルースマンとセッション。迎え撃つ地元のメンツも恐ろしく豪華でした。
森君の歌聴くのは久しぶり。相変わらずブチかましてくれました。
最後の最後に相方も乱入!1曲弾いただけで血豆だらけだよ。

打ち上げも大いに盛り上がり終わってみれば外は白々と明けているのでありました。

posted by madam reiko at 17:22| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。