2006年04月16日

ALWAYS 三丁目の夕日

昨日も眠れなかった・・・寝たいのに眠れない・・・。
ちょっとお疲れ気味ですが今朝は約束してた映画を観てきた。

かなり遅くなったけど賞を総なめした「ALWAYS 三丁目の夕日」

poster02.jpg

前から2列目で少々首が痛くなったけど楽しめました。
舞台は昭和33年の東京。
いったいどうやってあのセットを作ったのか?
どこからどこまでがCGなのか分からないけど凄すぎです。
もはや戦後ではない、高度成長期まっしぐらの時期。
白黒テレビ・冷蔵庫・洗濯機が3種の神器と言われてた頃の話。

観てるだけで懐かしさを感じる映画でした。
最近お疲れの私には癒しになったかもしれない。
後半は泣ける・・・。すっかり罠にハマッタ感もあるがしょうがないわ。
ザ・昭和な映画でした。
ああいう街並みってノスタルジックだよな〜。
自分の子供の頃を思い出しました。







posted by madam reiko at 20:48| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昭和33年、まさに横浜ラーメン博物館も昭和33年を
再現したセットです。いいねー。内緒ですが、
俺の生まれた年です、ガハハ、全然内緒でない!
この作品見たいな。
Posted by maechu at 2006年04月17日 12:38
maechuさん>
内緒ですか〜無理みたい!!
みんな見てるし(笑)
この映画おすすめ!!
今週なら下田で1000円です。
Posted by reiko at 2006年04月17日 18:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16651575

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。