2006年04月26日

パッチギ見たよ

pattigi.jpg

今日は晩酌を兼ねながらwowowで放映された「パッチギ」を観ました。
去年は映画祭で沢山賞を取った井筒監督の久々の青春映画。

1968年の京都を舞台に日本の高校生と朝鮮高校生の対立が「ウェストサイド物語」か「ロミオとジュリエット」を彷彿させます。

朝鮮高校のボスの妹キョンジャと日本の高校生康介の恋や、キョンジャの兄と日本人の彼女桃子の恋や、自由を当たり前のように謳歌する日本人と国を背負わせられた朝鮮人の立場など痛いケンカのシーン満載の中にちりばめられてます。
韓国と北朝鮮の間を流れる河に祖国統一を願う曲「イムジン河」。
その曲をフルートで吹いていたキョンジャに一目惚れした康介は彼女に近づくためにその曲をギターで練習するんですね。

マスターして早速アタック開始!
辞書で勉強した韓国語のメモを手に公衆電話からキョンジャに電話する。
お互いにドキドキしててとても好きなシーンでした。

内容はこれくらいにするけどオダギリ・ジョーがアルフィーの坂崎幸之助さんのお兄さんの役で出てた。
これがね〜とっても良かったわん。あと気になるのがキムラ緑子さんね。
キムラ緑子・・・緑魔子っていたけど当然別人です。
朝ドラの連続テレビ小説「純情きらり」に出演してるらしいけど、朝ドラ見てません・・・・

この映画、主役の康介役の子が誰かに似てるな〜とず〜っと気になって見てたんですが思い出しました。盛岡のドラマーGOMA氏に似てる。
軽い気持ちで観て欲しいですね、はい。








posted by madam reiko at 23:24| 青森 | Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17080157

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。