2005年09月12日

合掌!ゲイトマウス・ブラウン

アメリカン・ミュージック、テキサス・スタイル
クラレンス・ゲイトマウス・ブラウン
B00005624U


King.Tのサイトで知りました。
クラレンス・ゲイトマウス・ブラウンが9月10日に亡くなられたそうです。
去年肺がんが発覚し闘病中だったのですが先日の「カトリーナ」で自宅が全壊してしまいテキサスにいる姪御さんのお家で療養中だったそうです。
闘病中に家が全壊なんて・・・。ゲイトマウスもカトリーナの被害者ですね。
夫はものすごく落ち込んでおります。今、彼の頭の中を「So long」という曲がエンドレスで流れてるそうです。先月はリトル・ミルトンが亡くなったし悲しいことが続きます。

このCDのジャケットに写っているファイヤーバードも「カトリーナ」が持ち去ったのでしょうか?
ブルースのみならずジャズ・カントリーまで飄々とこなした偉大な人でした。
ご冥福をお祈りします。
posted by madam reiko at 20:18| Comment(2) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええっ!!!
ここで知りました。
本当にーーー?!ショックです。
一昨年だったっけ、ジャパン・ブルース・カーニバルかなんかで彼が来日したとき、観に行きましたよー。
サスガに座って弾いていたんだけど、ギターは健在でした。
すごく速くAトレインをやってた。
消防法をまるで無視した、物凄いお客数で、ほとんどお帽子しか見えなかったんですけどね。
あー本当にショックです…
Posted by 女教師シンガー at 2005年09月12日 21:55
そうそう最後の野音は夫も前から5列目で食い入るように観たそうです。Aトレインは彼のお得意だったよね。
正真正銘の副保安官だったのもカッコよかったよん。
Posted by reiko at 2005年09月12日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

カトリーナの被害
Excerpt: New Orleansがぁ・・・ TVを観るたびに、胸が痛いのと同時に、 遠い場所だからこそ、きっとこれは嘘なんじゃないか という思いがする。 何年も前から、そうして存在して、 ..
Weblog: 女教師シンガーの独り言
Tracked: 2005-09-12 21:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。